本田真凜に起きた、ネットニュースで取り上げられなかった“大きなトラブル”

フィギュアスケート女子の本田真凜に、10月7日(土)放送の『アッパレ!日本の縁の下さま~隠れたスゴい職業応援バラエティー~』(テレビ東京系列、11:03~)が密着。強さの秘密を探るほか、本田選手を支える職人の舞台裏が明かされる。

同番組では、フィギュアスケートだけでなく、大相撲、政治家など、今話題の職業の表舞台で活躍する著名人を陰から支える人たちを「縁の下さま」と呼び、密着。その知られざる仕事内容を紹介し、それぞれの業界の舞台裏、そしてその裏に隠された人間ドラマなど、普段は見られない「縁の下さま」の世界を浮き彫りにする。

9月のシニア初挑戦では衣装を忘れてしまったり、高地で酸欠になったりしながらも完璧な演技で優勝を果たし、オリンピック候補選手に名乗りを上げた本田選手。日本でも連日ネットニュースに取り上げられたが、実はその裏で起きていた“もう1つの大きなトラブル”を当番組のカメラが捉えていた。

それは、フィギュアスケート選手の生命線である「スケート靴」の不調。大会へ出発する数日前に本田選手が駆け込んだのは、梅田で小さなスケート用品店を営む、ロバに似た店主の元だった。一見、普通のおっちゃんだが、その職人技は「神」と称えられるほどで……。

そのほか、イタリアにいる本田選手の「縁の下さま」も取材する。

あわせて読みたい

\ この話題でみんなと話そう /

【芸能】アクセスランキング

もっと見る

今話題の最新ニュース

コメントを投稿する

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる