横綱鶴竜が3か月ぶり稽古再開「全く違和感ない」と九州場所出場に意欲

稽古を再開した鶴竜(左)

大相撲の秋巡業が6日に横浜市で行われ、右足のケガで9月場所を全休した横綱鶴竜(32=井筒)が関取との稽古を再開した。幕内千代の国(27=九重)と相撲を10番取って8勝2敗。関取を相手に稽古をするのは7月場所前以来約3か月ぶり。

「最初は久しぶりで変な感じだったけど、だんだん良くなった。足に関しては全く違和感がない」と好感触を口にした。九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)での復帰についても「出場する?ハイ。今の感じだといい」と意欲を見せた。

あわせて読みたい

【スポーツ】アクセスランキング

もっと見る

今話題の最新ニュース

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる