西之島 噴火後初の地図と海図の作成へ 領海70平方キロ拡大の見通し

 2013年11月の噴火以来、溶岩流の噴出で面積を拡大した小笠原諸島の西之島の新たな地図作りが始まる。国土地理院と海上保安庁が19日に同時に発表した。


 海保が今年9月に上空から観測した時点での西之島は...

あわせて読みたい

【社会】アクセスランキング

もっと見る
Outbrain

今話題の最新ニュース

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる
エキサイトニュースTOPへ