小学生へ「死ね」ワラ人形で御用男 夜な夜な自作?出来栄えに“寒気”

通学路の歩道橋に「小学生のクソがきどもここから飛び降りてみんな死ね」などと鉛筆で書いた短冊をワラ人形の頭に刺して針金でつるし、不特定多数の児童を脅迫した疑いで東京・江戸川区の無職、稲葉岳志容疑者(41)が28日までに警視庁小松川署に逮捕された。

「公園で騒ぐ子供の声がうるさく頭にきた」などと容疑を認めている。

26日の朝方5時ごろ、自作のワラ人形を設置した疑い。午前8時ごろに歩道橋を渡って通学した複数の児童がワラ人形を目撃し、報告を受けた担任から同署に通報があった。短冊の裏にも「小学生のガキどもが死にますように」などと書かれていたというから恐ろしい。

付近では昨年6月以降、現場の歩道橋の欄干や公園のトイレ、ベンチなど児童の目の付く場所に「クソガキどもブチ殺す」「アホガキ死ね」などの悪質な落書き被害が約30件確認されていた。



同署が隠しカメラなどを設置し捜査を続けていたところ、稲葉容疑者が歩道橋にワラ人形をくくりつけているところがバッチリとらえられていたという。

容疑者は実家の戸建てで両親と3人暮らし。無職で一日中家にいることもあり、児童の声をよほど耳障りに感じていたようだ。とはいえ、子供が少々騒がしいくらいで、夜な夜なワラ人形を自作するとは、いくら何でも陰湿すぎる。

「マツの葉が枯れ落ちてワラのようになったものをかき集めて、束ねて作ったようだ。両手も水平に上がって足も二股に分けて白糸で結束されていて、人形の出来栄えは大したもの」と捜査関係者。児童への恨みを込めて一人、マツ葉拾いしていたと考えると寒気がする。

小学校の教諭宛てにも「ガキどもの迷惑行為を指導しろ」とハガキを送り付けていた容疑者。自分では子供に注意できず、陰湿な方法で児童を呪っていたようだ。「実際に危害を加えるなどエスカレートする前に逮捕できてよかった」と捜査関係者は胸をなで下ろした。

あわせて読みたい

\ この話題でみんなと話そう /

【社会】アクセスランキング

もっと見る

今話題の最新ニュース

コメント一覧 (4)

この話題でみんなと話そう
コメントを投稿する

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる