水素社会の実現に向けて - 東工大が燃料電池の反応生成液水の可視化を実現

東京工業大学(東工大)は10月5日、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)事業において、作動中の燃料電池内の反応生成液水の挙動をリアルタイム・高解像度で可視化できる技術の開発に成功したと発表し...

あわせて読みたい

【IT】アクセスランキング

もっと見る
Outbrain

今話題の最新ニュース

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる
エキサイトニュースTOPへ