軟骨魚類の対鰭の筋肉の発生様式、従来の定説と異なる - 東工大が明らかに

東京工業大学(東工大)は10月3日、軟骨魚類の対鰭の筋肉の発生様式が、従来の定説と異なり、遊離筋の特徴をもつ筋芽細胞からつくられることを明らかにしたと発表した。

同成果は、東京工業大学大学生命理工学院生...

あわせて読みたい

【IT】アクセスランキング

もっと見る
Outbrain

今話題の最新ニュース

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる
エキサイトニュースTOPへ