燃料電池用への水素供給に期待 - 北大が常温でも働く水素分離膜を開発

北海道大学(北大)は、古くから知られるセラミックスである窒化チタン(TiN)のナノ微粒子膜が、室温で優れた水素透過性を持つことを発見したと発表した。

同成果は、北海道大学大学院工学研究院の青木芳尚 准教...

あわせて読みたい

【IT】アクセスランキング

もっと見る
Outbrain

今話題の最新ニュース

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる
エキサイトニュースTOPへ