広島 石井、河田コーチ退団に緒方監督「正直寂しい」

笑顔でそれぞれ退団会見に臨んだ石井コーチ(右)と河田コーチ

広島は5日、リーグ連覇に貢献した石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が球団に辞任を申し入れ、今季限りで退団することが了承されたと発表した。両コーチは同日のマツダスタジアムでの全体練習終了後に記者会見に臨み、石井コーチは「(東京にいる)家族5人揃って過ごしたい。今を逃すともうないのかなと考えたりする」と心境を明かし、河田コーチは「6月ごろには(退任を)考えていた。プライベートなこともあるので一身上の都合ということにさせてもらう」と話した。ともに家族を関東に残し、広島では単身赴任生活を送っていた。

リーグ連覇を達成した直後でファンにも衝撃が走ったが、このタイミングでの発表になったのはポストシーズンに集中するための配慮でもあったという。鈴木球団本部長は「(緒方)監督も『早いほうがいい』ということでこのようになった。いろんなところから話が漏れるよりは、この時期に話をしておくのがベスト」と説明した。

緒方監督は「(石井)琢朗とは選手時代(2009年)から一緒にやっているし正直寂しい。河田さんには西武を退団したとき(15年オフ)に手伝ってほしいと伝えた。ただ、本人の気持ちもあるので引き留めるわけにはいかない」と複雑な胸中を明かした。

あわせて読みたい

\ この話題でみんなと話そう /

【スポーツ】アクセスランキング

もっと見る

今話題の最新ニュース

コメントを投稿する

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる