1000万分の1秒単位の原子・分子の運動を直接測定できる手法を開発

京都大学(京大)は、大型放射光施設SPring-8を用いて、1000万分の1秒単位で原子・分子の運動の様子をより詳細に観測する手法を確立したと発表した。

同成果は、京都大学原子炉実験所の齋藤真器名 助教...

【IT】アクセスランキング

もっと見る
Outbrain

今話題の最新ニュース

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる
エキサイトニュースTOPへ