薩摩藩士・小松帯刀と赤神山の狐

 幕末の頃。薩摩藩家老・小松帯刀(1835~1870)は、江戸藩邸において、朝廷の公卿と幕府閣僚との交渉を担う職に就いていた。後に京都で朝莫諸藩の間を行き来するうち、倒幕運動や大政奉還に尽力するように...

【外部リンク】

Outbrain

白熱中の話題ランキング

ランキングをもっとみる

今話題の最新ニュース

エキサイトニュースTOPへ